サイトマップ お問い合わせ
新作情報製品情報スタッフブログイベント情報よくある質問リンク




【エステル】「なっ…何だこれは…」

城の一角にある、教会。
参列者たちが蝋燭を携えて、祝福の歌を口ずさんでいる。

【ユーリ】「言っただろ? 婚約発表の式典だってよ」
【エステル】「へ…変態め!」

改めて、自分の姿を見た。
剥き出しの太股、そして乳房。
ボディラインは観衆から丸見えで、覆われている部分の方が少ない。
あろうことか、秘部すら剥き出しになっているのだ。

【ユーリ】「これからは、この服がお前の正装だ」

胸をわしづかみにされ、もがく。

【ユーリ】「ちなみにそいつも、普通のピアスじゃない」
【ユーリ】「名を『正直者のピアス』といってな…魔法の品なのさ」
【エステル】「正直者…? まさか…」
【ユーリ】「ちなみにこいつが、対となる指輪だ」
【ユーリ】「この指輪の持ち主に対して、嘘がつけなくなるのさ」
【ユーリ】「さぁて。まずはいま、どんな気持ちなのか話してもらおうか」
【エステル】「この卑怯者…!!」




【エステル】「くっ…うぅ」

ベッドに横たわり、淫らな衣装姿を晒す。

【ユーリ】「絶対に、そのデカい乳もオマンコも隠すんじゃねーぞ」
【エステル】「また、こんな恥ずかしい格好をさせて…っ」
【エステル】「これではまるで…服従している犬みたいじゃないか…!」
【ユーリ】「ははは! その通りだよ」
【ユーリ】「それじゃ、ご主人様のオチンポに奉仕して貰おうか」
【エステル】「こんな惨めな格好で、そんな恥ずかしい事まで…!」
【エステル】「まるで…お前のチンポに、完全に屈してしまったみたいだ…」

口を開け、舌先を伸ばし、その熱い幹に触れる。

【エステル】「ぴちゃっ…ふぅ、うぅ…っむ。ふぁ…!」
【エステル】「ふぅぅ…!! 貴様ろような男のモノを、咥えさせられているらんれ…」
【エステル】「王女のわらふぃが、あむっ…うぅ、ちゅばっ…んん!」

【エステル】(こいつのチンポをムリヤリしゃぶらされているはずなのに…)
【エステル】(胸の鼓動が、高鳴ってしまう…!)




【ファフナー】「竜の王であるわらわが…! あぅぅ…」
【ファフナー】「人間の…オチンポに仕えるなど…出来るわけがないっ…!」
【ファフナー】「だ、だが…このオチンポの前では…」
【ファフナー】「わらわの、竜王としての矜持も、誇りも…すべて、霞んでしまう…!」
【ファフナー】「い、いかん…止めなければ…! ん、ちゅぅ…」

困惑しながらも、ファフナーは淫らな微笑みを浮かべる。
そして、熱心にチンポを舐めしゃぶる。

【ファフナー】「ん、んんっ…ちゅ…はぁ、もう駄目だ…はふ、ふぅ…ふふふ…」
【ファフナー】「このオチンポに…仕えることを誓ってしまった…」
【ファフナー】「はぁぁ………もう、取り返しがつかない…」
【ファフナー】「ちゅぅぅっ! ちゅぱぁ…ぺろっ、ちゅばちゅば…ん、ちゅうぅ」




【エステル】「これでお仕置きだなんて…笑わせる。はっ…はぁぁ」

【エステル】(こいつらにくすぐられたくらいで、音を上げてなるものか…!)
【貴族E】「おやおや、乳首をおっ勃たせておいて何を仰います」
【貴族B】「オマンコだって、勢い良く陛下のを溢れさせているじゃありませんか」
【貴族A】「もっと欲しいんじゃないんですか? 身体は疼いているはず」
【貴族D】「さっきのだけでは、満足できないんでしょう」
【エステル】「あぅんっ!?」

下から、勃起したペニスを突きつけられて、息を呑んだ。

【ユーリ】「どうして欲しいんだ、エステル」
【エステル】「あ…あぁっ」
【エステル】(嫌だって…言わないと)
【エステル】(こんな惨めな思いをしながら、またイカされてしまう…!)
【エステル】(けど…けどっ。欲しくて仕方ないんだ………)

熱いものがお尻に当たり、ビクビクと震えている。
その固さを、膣奥で感じたいと思ってしまう。

【エステル】「突いて…くれっ」
【ユーリ】「何だって?」
【エステル】「お前のオチンポで、私の弱いところを突いて欲しいんだ…!」
【エステル】「オマンコを愛して…い、イカせて欲しいっ」




【レイラ】(あぁ…! また、こんなにも身体がっ………!)

身体が震え、慰めて欲しいと尻穴が疼いている。

【レイラ】(そう…出来る事なら、私とて自慰などしたくはない………)
【レイラ】(しかし…快感を知った身体は、もはや歯止めが利かなくなっている…!)
【レイラ】(こうして肛門を弄り、はしたなくオナニーにふけってしまう………)

羞恥の極みに達し、一人顔を赤らめる。
だが、護符に守られた秘部とアナルが反応して、熱を帯びてしまう。

【レイラ】「…!!」

秘部が一際きゅん、と熱く反応した。

【レイラ】(私は何を考えていた…!?)
【レイラ】(いけないっ! あの男に屈するなど…私はドルガルの姫…!)
【レイラ】(そう…この護符があるかぎり、貞操を奪われることはないのだから…)




【エステル】「じ、自分の指でオマンコ弄って…!」
【エステル】「気持ち良くなってしまう姿を、見せてやる………」
【エステル】「オマンコ弄ってイッてしまうのを見るがいい…!」

腰を揺らし、丸見えになったままの秘部を強調してやる。
ラビアに沿って指の腹を動かし、しごいていく。

【ユーリ】「とんだ淫乱になっちゃったな、エステルは」
【エステル】「お前が私の処女を奪い、散々っ…開発したんだ。この身体を…!」
【エステル】「朝も夜も分からないくらい、女としての快楽を叩き込まれてっ」
【エステル】「すっかり…イヤらしい専用オマンコに、成り下がってしまった…」

理性という檻に押し込めていた悦楽が溢れ出し、自分を支配していく。
膨れ上がる欲望が命じるまま、指が勝手に動いてしまう。


CopyLight (c) Frill All Rights Reserved.